医療レーザー脱毛について

医療レーザーを利用した脱毛があります。医療レーザーは医療行為を伴うものであり、医師としての資格を持つ人が利用出来る医療器具でもあるため、医療レーザーを利用した脱毛の施術は、病院やクリニックなどの施設だけでしか行われていません。しかし、医療機関などで利用する医療レーザーの出力を抑えた光による脱毛の施術はエステなどの施設でも利用されています。出力が弱いので、医療レーザーと比較をすると効果は薄いものの、脱毛を可能にしてくれるのです。しかし、的確な効果を期待するのであれば、断然医療レーザーの方が優れていると言っても良いのです。レーザーの光は黒いものに集る習性があります。この習性を利用したのが医療レーザー脱毛であり、無駄毛の処理を行いたい箇所にレーザーを照射させる事で、毛の毛根部分を破壊して、その結果同じ場所から毛が生えて来る事が無くなるというものです。

レーザーの光を照射させると、光は熱エネルギーに代わります。この光は黒い部分に強く反応することからも、肌の奥部分にある毛根に達し、そこで熱エネルギーに変換させて、高温にして毛根を破壊していくのです。当然肌にあるメラニン色素にも光は反応を起こしますが、熱を蓄えると同時に熱を放出していきますので肌への影響はありません。しかし、毛根部分に蓄えられる熱エネルギーと言う物は破壊される寸前まで蓄えられていくと言います。そして熱を放出しようとしますが、その熱が高温すぎるために、熱を放出できずに熱エネルギーにより毛根が破壊されるというのが、医療レーザーによる脱毛の原理なのです。毛根は、皮膚の内側にあるもので、この毛根から毛が成長し、やがて皮膚の表面に出て来て1本の毛となるわけです。毛には毛周期があり、成長期に入ると毛は伸びていきます。そしてこの成長期だけが処理が可能になる期間となります。成長期が終了すると、毛は休止期に入り、やがて退行期となり毛が抜けていく事になるのです。このサイクルを繰り返している事で、常に毛が生えているように見えるわけですが、実際にはそれぞれの毛にはサイクルには差と言うものがありますので、成長している毛もあれば休止期や退行期に入っている毛もあるのです。

そのため、処理を行い完了となるまでには1年半から2年と言う長い期間が必要になります。また、この毛周期のサイクルと言うものは、長いものもあれば短いものもあります。これは身体の部位毎にそれぞれ異なるサイクルがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*